みつぎの政策

知事も議員も、ともに住民から直接選ばれます。議会は、知事や執行機関の動きを評価・監視し、知事との間に一定の緊張関係を維持しながら、ともにその責任を果たしていくことが、現行法上の二元代表制の精神です。

自らの政治理念に振れを生じることなく引き続き

①大阪の経済活動を活性化する→可能な限りの民間活力の導入と規制改革の推進
②大阪市と大阪府における行政改革を推進する→非効率な二重行政は見直す
③消費者や納税者の視点から見る・考える
④若者への対策を強化する→雇用対策・就業活動援助策等
⑤老人問題や弱者対策、少子化対策を充実する

を基本的な政治信条として今後も活動を強化して参ります。

*泉北高速鉄道の乗継運賃80円値下げ実現の実績